マンション売却 仲介手数料

仲介手数料

マンションや一戸建てを売却するならば仲介業者に依頼するのが一般的です。仲介業者を通すことにより買主を見つけてもらい売買契約の仲介をしてもらえます。その時に支払う金額が仲介手数料になります。今回はこの仲介手数料について詳しく紹介していきます。

 

 

仲介手数料とは?

土地でも一戸建てでも、マンションでも、個人が不動産を売却する際には、仲介業者に依頼するのが一般的です。この仲介業者となりうる不動産会社を通じて不動産を売ったり買ったりした場合、不動産会社に成功報酬を支払うことになります。この成功報酬を仲介手数料あるいは媒介手数料といいます。

 

仲介手数料の求め方

不動産を売却するにあたり、支払う仲介手数料は、 宅地建物取引業法で以下のように上限が定められています。

金額 仲介手数料
200万円以下 代金額x5%
200万円超~400万円以下 代金額x4%+2万円
400万円超~ 大金額x6万円
※売却価格には消費税を含んでありません。

売却の価格が400万円を超える場合は、 つぎの計算式で求められます。

仲介手数料+(売買価格x3%+6万円)+消費税

 

この価格が手数料の上限値なので これより高い価格を請求される事はありません。 最近ですと 仲介手数料が無料なな会社もあったり、 早く売却に成功すると手数料を安くしてくれる業者も出てきてます。 仲介手数料早見表

 

仲介手数料は成功報酬の後払いが一般的

仲介手数料の特徴は成功報酬による後払いな点です。つまり仲介業者がいくら営業活動をしたり広告をだしても売却に至らなかった場合は仲介手数料を支払う必要はありません。このようなことから仲介手数料を支払うのは売買契約成立後でオッケーです。つまり売却額から仲介手数料を支払えます。仲介手数料を支払う時期は売買契約成立後に仲介手数料の半分、不動産の引き渡し時に残りの半分を支払うことになります。

 

 

こんな不動産会社に騙されないで!

不動産会社は全国12万社以上もあります。中にはあくどい不動産会社もいるのが事実です。次に挙げるような不動産会社は法律に違反していますので絶対に契約するのはやめましょう。又は法律違反と指摘しましょう。

 

①仲介手数料上限額を超える手数料条件を提示する
②上限額をあたかも法律により一律で設定された手数料であるとの説明を行う
③広告費等を当然に請求する

 

仲介手数料のまとめ

仲介手数料は、売買代金に応じて上限が決められています。ですのであらかじめ売却予定の物件の適正価格が把握できれば、仲介手数料も把握できます。売却後の計画を立てるためにもしっかりと仲介手数料がいくらかかるのか把握しておくのが良いと思います。