厚木市 空き家を売る

厚木市風景
日本は少子高齢化と人口減少社会に突入してます。その影響もあり空き家件数も日本全国で増加傾向にあります。厚木市も例外でなく人口減少と少子高齢化が進んでいく予測がなされてます。空き家の放置は管理費や税金等の費用がかかるだけでなく倒壊のリスクや防犯の面からも社会問題化してきています。

 

このような現状に対し、賃貸に出す、リフォームして住むなどいろいろとありますが一番簡単で良いのは売却する事です。ここでは厚木市の空き家売却に特化して少しでも参考になる情報をご紹介します。

 

▶▶▶まずは無料査定で空き家の価値を調べてみる

 

 

厚木市の空き家数と空き家率

 

厚木市の空き家率
厚木市空き家推移

 

厚木市では空き家と空き家率が増加しています。平成25年では全国平均の13.5%を上回ってます。厚木市は今後人口予測マップを見てみますと2020年には減少し始めるので空き家数、空き家率共に増加していくことが予測されてます。厚木市では賃貸や売却用などではない一戸建ての空き家は約2200戸あるとみられている。(2015年データ)

 

厚木市の人口推移
厚木市人口推移

 

厚木市の地域別空き家データ

 

空き家を売却する早めに!

厚木市では今後さらなる空き家数の増加により、売りに出しても売れない時代に突入する可能性があります。その理由は空き家数の増加と人口減少です。不動産の需要が減って供給が増えれば当然ながら価値は下がります。需要と供給の関係ですよね。いくら価格ざ下がった不動産でも必要のない不動産は買われません。2019年の段階では、オリンピック景気、かつてない低金利、都心を中心とした不動産バブルの波及により比較的高値の価格で売却可能です。

 

 

2030年には住宅の3分の1が空き家になると言うデータも出てます。


 

 

空き家はとんでもない金食い虫?

空き家は維持費がかかるのはご存じだと思いますが、実はとんでもない費用が掛かってます。主に挙げられるのが税金、維持費、管理費です。

 

空き家保有リスク

 

 

これら費用負担以外にも防犯対策や台風などの災害防止策などの労力も必要になります。

 

  • 外回りの清掃、草取り、剪定など
  • 戸締まりの確認
  • 住宅の通風・換気
  • 郵便物、チラシの整理・処分
  • 台風や地震などのあとの見回り

とにかく手間と労力が必要です。

 

 

空き家を手放す事も難しい?

空き家は不動産資産だから困ったら売ればお金になると思ったら大間違いです。上記でも説明しましたが2019年現在でも空き家売却は大変ですが厚木市では2020年ね人口減少転換期、2022年の生産緑地解放と今後さらに売却が厳しくなるのが予測されてます。実は空き家は処分するのは大変…。最悪売れなければ市に寄付すれば良いと考える方もいると思いますが、基本的に市は引き受けてもらえません。なぜならば市にとって不動産の固定資産税は貴重な財政の収入源だからです。よほど魅力的な不動産でない限り引き受けてはもらえないでしょう。

 

 

 

空き家は資産ではなく負債と言えるでしょう。
税金は万が一自己破産しても支払いは免除されません。


 

 

厚木市で空き家を売却するなら不動産一括査定!

厚木市で空き家を売却するなら不動産一括査定の利用がお勧めです。一括査定を利用すれば手間や労力をかけずに空き家に強い会社が見つかります。数ある不動産一括査定サイトの中でもHOME4Uは、アナタの売却目的の空き家にピッタリな不動産会社を自動的に選んでくれます。

\厚木市で家を売るならココ/

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼

 

 

空き家の放置は今後さらに厳しくなる?

空き家対策特別措置法は、2015年に全面施行されました。どのような法律かと言うと国は空き家に対する規制措置を取るとともに、空き家の活用や適正な管理を法律で呼びかけたものです。
具体的な空き家対策措置法のポイントは管理されていない空き家を「特定空家」に指定します。
この特定空家に対して罰金や行政代執行を行うことが可能としたのです。特定空き家に認定されると最大で固定資産税が6倍になる可能性もあります。
また、国や地方公共団体からの指導に従わないものは、行政代執行を行う事ができ、強制的に空き家の解体が可能となってます。このかかった費用は空き家の所有者は費用を負担しなければいけません。

 

このように空き家の放置に対する行政の目は一層厳しいものになってます。今後はさらに国も空き家問題に積極敵になっていくでしょう。

 

 

厚木市で空き家に関する補助金

厚木市では解体工事に関する補助金制度があります。厚木市では、空き家の解体や利活用を進めるため、市内の老朽化した住宅を解体する方に、解体費の一部(最大50万円)を補助します。

 

→詳しくはコチラを参考にしてください。

 

 

空き家売却Q&A

空き家の売却価格ってどのくらいなの?

一般的な目安として戸建てですと築20年で建物価格は0になると言われてます。あくまでも目安ですので築30年でも価値がつく場合は当然あります。空き家でも人気エリアですとそれなりの価格がつきます。厚木市の場合本厚木周辺当などです。

 

亡くなった親の名義のまま空き家を売却することはできるの?

いいえ。相続人の名義に変更してから売却の手続きをする必要があります。例えば相続人が複数人の場合はその全員の同意が必要となります。手続きがなかなか難しいので相続に関しては司法書士に相談してみるのが良いです。

 

厚木市で一括査定をしたら必ず契約しないといけないの?

いいえ。一括査定はあくまでも査定額を表示するサービスです。当然必ず契約しなくてはいけないと言う事はありません。査定結果を見てしっかりと判断してください。

 

 

厚木市で空き家売却まとめ

厚木市で空き家を売却する方に向けて少しでも参考になる情報を紹介してきました。厚木市では人口減少と少子高齢化によりほとんどの地域が今後地価の下落に見舞われるリスクがあります。現在はオリンピック需要景気や都心を中心とした不動産バブルの波及により厚木市も近年地価が上昇しており売却するなら良いタイミングだと思います。結論を言えば「なるべく早く売却」が一番!そこで空き家を売るなら、不動産一括査定を利用すると、あなたの空き家に最適な不動産会社がすぐに見つかります。

 

300万円UPも夢じゃない!

累積35万件以上の圧倒的な査定実績

 

空き家を売るならHOME4U

かんたん入力・完全無料・自宅からでOK♪